骨董品の相続税

骨董品の相続税というは

骨董品も十分に相続税の対象になります。
立派に金銭的な価値があるものですから、相続した場合は申告をする必要があります。
但し、問題はその価値であり、例えば、五百万円で買ったからと言って、そのまま五百万円で課税されるわけではないのです。
あくまで価値は正確に評価される必要がありますから、鑑定でもして価値を知らないといけないのです。
ちなみに鑑定するための費用は控除になりませんから、注意することです。
もちろん、例外はいくらでもありますが、普通は購入した金額よりも金銭的な価値は低いのが普通です。
しかし骨董品というのは相場があるために、一々、その価値を適時、把握できるものではないのです。
そのあたりが申告のときに非常に悩ましいのです。
ちなみに申告をしない、というのはよくないですし、そもそも税務署は把握しています。
ですから、とりあえず、税務署に支払いたいが価値がいまいち分からない、という相談をしてみるとよいです。

骨董品は相続税がかかるのか?

被相続人の死亡によって遺産相続が発生します。
遺産は換金価値のあるプラスの財産も借金などのマイナスの財産も入ってきます。
これらの金額を総合した金額が基礎控除を超えるのであれば、原則、相続税を支払う必要があります。
残された財産の中に骨董品が含まれていた場合はプラスの財産として加算する必要が生じます。
価値がそれほど高くない場合で、多く見積もっても財産全体の価値が基礎控除を絶対に超えないような場合には相続税は関係ありませんので、その骨董品の価値を確認する必要はありませんが、もし高価なものである可能性があったり、遺産分割の過程で価値を平等に分けるなどの必要性がある場合には、その価値を専門家に鑑定してもらうといいでしょう。
しかし鑑定料はそれなりにかかります。
もし相当高額な骨董品があった場合でその品を引き継ぐつもりがないようなときには、相続税を支払うよりも地方自治体等に寄付してしまうという方法によりその財産を課税計算から除外することができるという規定もあります。

Valuable information

Last update:2017/7/3